プロフィール

たいやき

Author:たいやき
・コメント歓迎(いつでもどこにでも)
・相互リンク歓迎(いつでもどことでも)
・年中相互リンク増加キャンペーン中 
・TBは…仕組みがわかってきた

紹介みたいな

・あわわあわわ
・えびは釣れません
・たいも釣れません
・コメントをすると、
 管理人が簡単に釣れます
・たまにある自分コメントも含めて
 楽しむのが正しい楽しみ方です。

最近あわわ。

過去あわわ。

あわわじゃないサイトへ

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

えびでたいやきを釣る
・あわわあわわ ・えびは釣れません ・たいも釣れません ・コメントをすると、管理人が釣れます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

43あわわ以外。
手作りのものは、
なんだかもらうと嬉しい。

年賀状なんかも、
たとえちょっとでも手書き部分があると嬉しいものだ。

なので、年賀状には必ず一言添えるようにしている。

しかし、干支部分を手描きにするとなると、
いきなり難しくなる。

絵が上手いならいいのだが、
なかなかそうもいかない。


しかし、だ。


たいやきほど絵が上手いとなれば、
当然干支も手描きにする。

しかも、パソコンのペイントで。

しかも、マウスで。

しかも、干支に関する雑学付きで。

以下、ここ4年の僕の作品を紹介しよう。


usi

初の干支手描き年賀状(2009年)

この年は雑学が載っていないが、
ウシのツノとほぼ同じ色で
「謹賀新年」
と書くセンスは特筆物だ。


tora


翌年の年賀状。
暗に阪神タイガース批判をした上でヤクルト愛を表現し、
さらに年始にふさわしい小粋な洒落をキメている。
この年も、
トラの色と「あけましておめでとら」の色が同系色。
ちなみに、Googleの画像検索で「トラ」または「虎」と検索すると、
この絵のマネをするトラの画像が出てくる。


usagi


「お願いランキング」という番組のキャラクターである
ナイスラビット
のデザインの元になったという作品。

シンプルなデザインながら、
「ウサギの目は赤い」
という世間の固定観念に対して警鐘を鳴らす、
たいやきの社会派な一面がうかがえる。

年賀状感は、無い。


tatu


最新作。
こちらも某名作マンガで球を集めると出てくる龍のモデルである。
というか、7つのボールから龍が出てくるというアイデア自体が、
そもそもたいやきのものである。


なんだか最後は僕の印税自慢のようになってしまったが、
アーティストとしての創作活動に忙しく、
なかなかブログの更新ができないことをご理解いただきたい。


スポンサーサイト

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。